高野山 2016(2)

高野山って京都と違って同じ寺なのにどことなく空気が違う、言葉ではうまく言い表せないが中身がよく見えてこないのだ、そこが真言密教だと
言われればあとに言葉が続かない、ま・その内に何かが見えて来るだろう。

玄関に入って直ぐ御朱印を受け付けして拝観料を払って、ここから奥へ(ACROS)
b0368417_21321089.jpg


上のカットの反対側から(クラシッククローム)
b0368417_21321473.jpg


ここからは別の建物(クラシッククローム)
b0368417_21321840.jpg


(ACROS)
b0368417_21322281.jpg


(スタンダード)
b0368417_21322590.jpg
FUJIFILM X-Pro2

寺にくるとどうしても光と影に視線が向く、ACROSを何度も使用した、Pro2でシヤッターを切るときはいつも心がけているのは「今日は練習なんだ」
買って半年間はこの気持ちを持ち続けようと思っている、まだ半分にも満たないのに気に入った写真が撮れるわけがない。暗闇でライトを付けなくても
普通に操作出来るようになれば少しはマシな写真が撮れるだろう、Nikon時代はそうだったんだから。

今回は痛烈に思った、俺は京都人だ、寺は撮り慣れている、それがここでは通用しない、被写体にはコテンパンにやっつけられた。数日泊まったくらい
では写真の入り口にも入れない、なんと奥深い地なのだろう。真言密教だから俺は動物になったら少しは仏界を覗き見出来るのだろうか。
ロケハンでこれだから先が思いやられる、けどそれが少し分かっただけでもロケハンの意味合いが大きい。慌てない、慌てない、じっくり攻めてやるさ。

Commented by hassaku at 2016-12-28 09:47 x
おはようございます。
高野山のお写真、楽しませていただきました。
ここは吹雪いていたら、本当の姿が見られそうに思いました。
風雪に打たれながら、この寺社を拝む。心が清く静まりそうです。

今日もこれから家事に励みます、、、
写真何枚か出します^^
Commented by u-Brigand at 2016-12-28 10:02
> hassakuさん
おはようございます。

難しい被写体ですね、思うように撮れません、頭では
イメージがあるのですが、その内にち~とはマシなの
が撮れるでしょう。高野山(4)まで用意しています。

家事ご苦労様ですね、アップは見ておきますからね。
Commented by ryo at 2016-12-30 09:31 x
一人旅でしたか。
経験がないので、ちょっと憧れます。
カメラ相棒ならいい時間が過ごせそうだから。

高野山、未知の場所ですがいい雰囲気ですね。
下の記事の、御朱印の手元を写した一枚、
私もいいお写真だなあ・・と思いました。

(高野山って京都と違って同じ寺なのにどことなく空気が違う)
私は高野山を知りませんが、荘厳でベールのかかった印象です。深窓というのもイメージできます。
京都はひっそりの季節に行ったことがないせいか、雰囲気のいいお寺はたくさんあるけれど、
どこも洗練されていてあけっぴろげな印象です。
ウェルカム状態(^^)拒絶がない。
だからきっと、私も高野山へ行ったら、空気が違うと感じるかもしれません。

光と影の捉え、魅せながら隠すような描写(勝手な感じ方です)がさすがと思っちゃいます。
Commented by u-Brigand at 2016-12-30 14:24
> ryoさん
こんにちは!

はい、結婚してから初のひとり旅でした、こう言うの
なかなか出来なくて憧れでしたがようやく叶いました。

過去に何度か行っていますが車でしたし、今回は電車
だったので歩きながらの視線でゆっくりと目に止める
ことが出来ます、それに2泊だし、3日目は午前中まで
滞在するので余裕がありました。

ほんと、空気が全く違うのです、雅さとは煌びやかとか
いっさいありません、質実剛健と言葉は合うかわかりま
せんが、京都と比べたらそんな感じです。
飾り気のない空気に圧倒されてどのように切り取ったら
いいのか悩みました、要は私のヘボ写真ではどうころん
でも対応は出来ません。
このように追い込まれたら私の能力が発揮されるのです、
次回は背水の陣で一歩も引きませんから(笑)
by u-Brigand | 2016-12-28 07:38 | 写真 | Comments(4)

    黒部の山人から、都の住人に

by いちやど