西陣、紋屋図子

b0368417_16535100.jpg

京都ではこんな路地のようなところを図子と言う、中国の観光客はさすがにここまでは知らないだろう(笑)
京都人でも西陣以外の
住人は知らない人が多いと聞く。

京の街中には様々な図子がある。とりわけここが有名かと思う、「大宮通五辻上ル西入ル紋屋町」 京都育ちのタクシー運転手なら

連れてってくれるはず。


Commented by kyuujitunituki at 2017-01-18 19:00
u-Brigand様、こんばんは。
今から30年ほど前の独身の頃、京都へよく言っていました。
フィルムカメラを提げて、お寺巡りをしていました。
懐かしい思い出です。
Commented by jerry114 at 2017-01-19 00:24
こんばんは。
「図子」というのですね・・・画になる路地裏ですね!
かなり萌えます。。。
京都のこういう場所をsnapしながら歩きたいです。
素敵ですね~。。。
Commented by u-Brigand at 2017-01-19 05:58
> kyuujitunitukiさん
おはようございます。

フィルムもやられていたのですね、今では貴重だし費用も
掛かりますが、その分写真を楽しむ濃さが違います。
今度はフィルムで撮ろうと思っています。
Commented by u-Brigand at 2017-01-19 06:02
> jerry114さん
おはようございます。

ここは久しぶりなので場所を忘れていましてね、
タクシーで行ったら、な〜んだここだった〜、
西陣会館のすぐ近くでした。さすがにここでは
中国人を見かけませんでした(笑)
西陣会館の着物ショー、楽しいですよ。
Commented by ryo at 2017-01-22 16:07 x
たった一泊の旅なのに、奈良と京都を欲張った私は、
11月の旅では楽しめなかったこんな場所。
改めて拝見していいものだなあと感じます。

こうして家々が向かい合う真ん中の場所って、どこか暖かくて、
子供たちが遊ぶにも似合うし、何か不思議な入り口も潜んでいて、タイムトラベルもできそうな・・・

一宿さんには、普段着の京都の魅力もたくさんみせて頂けるなあ。
Commented by u-Brigand at 2017-01-22 19:55
> ryoさん
こんばんは!、こちらにも有難うございます。

写真ではこんな感じですが、実際は えっ ここぉ とまあこんな
ふうに思われるかもしれません、だから観光客の目に入らないのだ
と思います。
でもよく観察しているとここに西陣の暮らしがよく表れていると思い
ジックリ観察して撮りたくなるのです。
「普段着の京都」意識しているので嬉しい言葉です、観光だとどう
しても東山周辺が多くなりますからね。今年はその普段着の京都を
どう表現したらいいか課題です、エンドレスだと思います。
次回は北野天満宮と上七軒のセットでイイ写真が撮れればと思います。
by u-Brigand | 2017-01-18 06:31 | 写真 | Comments(6)