もっと奥深く

b0368417_16581662.jpg
   
   今 この本を毎日のように読んでいてほとんど覚えてしまったほどだ。
   この編集者が思った100のキーワードを読んでいて、あまりにも知識の無さに愕然とする事がある、ま・元々は京都人ではないもののそこら辺の
   京都人より知っていると自負していたが、上には上があるもので過去の京の写真に関する書籍では見事な説得力がある、勿論写真の出来も俺なん
   か足下にも及ばない京を代表する写真家だし。
   絵を勉強していた時代に模写とデッサンを毎日のようにやっていたが、写真の模写ってあるのだろうか、この歳になって若い頃のように今度は筆
   をカメラに持ち替えて真摯な気持ちで被写体に向き合うと作者の感動と表現の意図が見えて来るような錯覚にとらわれる。本は1400円なり。

by u-Brigand | 2017-01-20 14:16 | 小説・雑誌