サムライ(立山ラスト)

b0368417_16085002.jpg


b0368417_19245278.jpg

このデコボコを急登する勇者達を俺は「サムライ」と読んでいる、2年ぶりに行ってしっかり見ることが出来た、これを見ると何故かホットするのだ。
残念なのはテレコンを忘れてしまって200mmで少しトリミングしてもこれが限界だ。400mmだともっとダイナミックに撮れるが無い物は無い、来年
に期待することにしよう。彼らを見ているといつも思う、俺もあんな時代はあったな〜、今は写真を撮る人になってしまったれど寂しいとは思わない。

Commented by kyuujitunituki at 2017-05-01 21:51
u-Brigand様、こんばんは。
まさしく、覇権の道ですね。
この時期の高山は、厳冬期に比べても危険な状況でしょう。
それでも、この時期にしか見れない風景があるからこそ
困難な道でも突き進む。
山男の存在の意味がそこにあるようですね。
Commented by u-Brigand at 2017-05-02 06:35
> kyuujitunitukiさん
おはようございます。

剱岳へ向かう急登でいくつかあるコースの一つです、
楽して上がるコースもあるのですが、登りながらの
景色も最高の眺めですね、若いときは何度登ったこ
とか、今はあのときのメンバーは歳をとって無理な
登山はしなくなりました、思い出の急登です。
我々富山人は年取ると無理な登山はしなくなります、
それでもかつては通り過ぎてきた山男には変わりが
ない自負心があります。
Commented by K-Abe at 2017-05-03 03:26 x
GFとはまた違い 素晴らしかった素晴らしかったです・・^_^
Commented by u-Brigand at 2017-05-03 06:42
> K-Abeさん
おはようございます。

初コメですね、ありがとうございます。

いつもこんな感じでやっています。
こちらではごく少数の方々と親交してます。
とても気楽で楽しですよ。
お返しの労力がいらないので本来の記録に
専念出来ます。あちらは大変ですよね(^_^)
Commented by momotomusasi at 2017-05-03 07:31
おはようございます^^

力作揃いですね。。。
最初のが 特に素晴らしいです。
これを見て山男カッコいい♪って
思いました。そしてこれを撮っている
いちやどさんもメチャクチャカッコいいです♪
50代前半の頃ほんの少しですが
山ガール( *´艸`)したことがあるので
その影響か 山岳写真は大好きです^^
次記事のロードバイク・・・
50㎞も走行したんですか@@
あ・足がつってしまいそう・・
Commented by u-Brigand at 2017-05-03 21:57
> momotomusasiさん
こんばんは!

二十歳の頃から雪山に馴染んできましたので、彼らの姿を
見ると胸が躍ります、ここ10年は写真のウエイトが高く
なってしまいましたね。仲間達も年老いて来たのでここま
ではしなくなりました、彼らとはアイゼン、ピッケルとを
カメラに変えて写真を撮っています(^_^)
山ガールやってたんですか、ほんなら私の気持ちは理解で
きますよね(^_^)

山はしばらく行かなくて自転車親父に専念して体力増進に
努めようと思います。この日は100㌔走行でお疲れ気味(^_^)
Commented by jerry114 at 2017-05-05 17:43
こんにちは~♪
1枚目、ダイナミックといいますか…何と表現すればいいのか分からない位凄いです!
「サムライ」って言葉がピッタリ!
本当に凄い世界ですよね。。。
以前は、いちやどさんもサムライだったのですね~尊敬の眼差し。。。
素晴らしいお写真たくさん見せて頂きありがとうございます!<(_ _*)>
Commented by ryo at 2017-05-06 17:04 x
圧倒される光景です。
青い陰影が渦を巻くように思えて、見つめていると飲み込まれそうな錯覚を感じます。

ここを歩くってどんなでしょう。
気持ちが潰れそうな断崖絶壁なのでしょう?
まさに戦ってらっしゃるということですね。

感慨こめてシャッターを切れる今も素敵ですよね。
私は未知の憧ればかりで、自分が体験した光景を撮ることは、あまりないのです。

最後まで素晴らしい風景を有難うございます(^^)
Commented by u-Brigand at 2017-05-06 20:23
> jerry114さん
こんばんは!

私の場合は雪山に挑む男をサムライと行っていまして、
女性を女剣士として見ています。
そうなんです、3年前まではサムライをやっていました、
今は岸本先生の言いつけを守って登らないことにしてい
るだけです、「イイよ」って言われたらすっ飛んで行き
ます(^_^)
Commented by u-Brigand at 2017-05-06 20:53
> ryoさん
こんばんは!

このシーンは剱岳の横にある別山へ向かう急登です、上のパーティは
山好きの人なら訓練すれば問題ありませんが、下の写真はかなり厳し
い急坂で12本以上のアイゼンを付けてジグザク(トラバース)しなが
らゆっくり登っていきます。これを出来るのは私らのレベルと富山
山岳救助隊だけです、自慢しちゃった〜(^_^)

次回の立山は夏山で花と天の川、楽しみにしているのです。
Commented by gaku-jin at 2017-05-08 07:25
しっかり雪が締まって見えますが
朝のうちでしょうか。
我が家のレベルだと眺めて満足です。
体力スキルに、勇気も必要な登攀でしょう。

雪山が好きな、山を知る人が見える世界。
Commented by u-Brigand at 2017-05-08 12:23
> gaku-jinさん
こんにちは!

山荘で朝飯食ってから出て来て撮りました。
数年前までは先鋒を長らく努めましたが、
今はやっていませんよ、病気もしましたし。
沢山の登山者達がいましたが、この急登を
クリアーした経験者はほとんどいないと思い
ます。
by u-Brigand | 2017-05-01 09:43 | 写真 | Comments(12)