立山、称名滝

b0368417_14541387.jpg
Fuji X100F

      4月に来たときは除雪が間に合わず通行止め、今年は大雪だったから仕方が無くそのまま室堂に上がった。
      今回は夏、流石に駐車場はいっぱいだったが空きを探してここまでたどり着いた、雪解け水で水量は多いかと思って
      いたがこんなもんだったんだ。三脚でしっかり撮ると一眼と比べても遜色はないと思う、素晴らしい解像感だ。

Commented by gaku-jin at 2017-08-08 14:08
こんにちは。
いつだったか、称名廊下、ゴルジュを探索するNHK
番組を見たのですが、日本の秘境の中の秘境。
立山やこの一帯を開山した人々はなんと勇敢に
大自然に立ち向かったのだろうと。
大自然の力、人間の強さ、両方を感じる光景です。

今年はあちこち行けてよかったですね^^
Commented by u-Brigand at 2017-08-08 17:20
> gaku-jinさん
こんにちは!

ここまで立山にこだわるのは庭先から見えるのと、子供頃見た
「黒部の太陽」の影響が大きいです。戦国時代には佐々成政が
立山越えで徳川家康に二度も会いに行っていますし(^_^)

今年は行動力復活とはほど遠いですが秋に向けていろいろ計画
がありますし楽しみです。カメラ、Mac環境も整備が終わって
撮影結果を具現化出来るのが嬉しいですね。
Commented by ryo at 2017-08-09 22:36 x
こんばんは。改めてお帰りなさい(^^)

充実した山の時間を過ごされたようで、よかったですね!

迫力の縦構図、何段の滝なのでしょう。
ドドドとすごい水音がするのでしょうね?

落ちる水なのに、天空の靄の中に向けて昇る白龍のようですね。
爽快です(^^)
Commented by u-Brigand at 2017-08-10 10:22
> ryoさん
こんにちは~

ありがとうございます。
何もかも知り尽くした山なので久しぶりの一泊ですが
充分楽しめました、良き記録になったと喜んでいます。
山小屋の親父も大変喜んでくれました。

いちやど村の一族の菩提寺が「称名寺」と言うのですよ、
ここから取った名前だと聞いています。
親鸞が佐渡に流されて開放されて京都へ帰る時に滞在
して建立した寺です、いちやどもその由来からです。
Commented by jerry114 at 2017-08-11 15:36
自然の神秘&ダイナミック!
今日は蒸し暑いので・・・
いちやどさんのお写真をみながら涼んでます~(。´艸`。)
Commented by u-Brigand at 2017-08-12 06:28
> jerry114さん
おはようございます。

小型三脚で撮っていますが、しっかり撮っている
ので解像感が素晴らしいですね。ND内蔵ですから
こんな時も良いですね。
駐車場から歩いて20分ほどで何方でも簡単に行け
ますよ、紅葉の午後が最高です。
by u-Brigand | 2017-08-08 09:22 | 写真 | Comments(6)

    黒部の山人から、都の住人に

by いちやど