天狗平まとめ

夏の天狗平と言えばチングルマの大群生と剱岳だろう、今年は雪の影響か花の勢いが弱いように感じた、でもここに立てたことが嬉しい
b0368417_06320411.jpg

山小屋のすぐ横にこれがある、ここからは立山の景観が美しい
b0368417_06321010.jpg

この山はよく雲がかかる、良い天気で「風と雲と」昔使ったhandleネームがよく似合う
b0368417_06321404.jpg

山荘の目の前にこんな小さな池が一年中涸れずにある、草みどりが美しい
b0368417_06321820.jpg

天狗平山荘近くにもう一軒ある山小屋、ここからの剱岳もなかなかカッコイイ
b0368417_06424483.jpg

この日の夜は天気が今一で山の天気が崩れる代表的な光景だろう、実は山岳写真ではこれが醍醐味なのだ、ピーカンで撮っている連中が多いが
あれはただの観光写真
b0368417_06322565.jpg

朝五時に目覚めてカメラを持って外へ、静かな夜明けだ、思いっきり深呼吸
b0368417_06322895.jpg
ここまでFuji X100F

天狗平山荘のもう一つのおすすめは「メシ」が最高なのだ、立山の山荘の中でここが群を抜いている、女性のリピーターが多いと聞いている
b0368417_06323184.jpg
PowerShot G7 X Mark II

今回は天狗平をメインに考えていたので普段撮らない方向へもカメラを向けた、そうすると新しい発見もあって新鮮みが一段と増したように
感じるのだ、もっと言えば、単独ではあそこへは行けないのだから今まで撮らなかった山風景を撮ってみよう、そんな意味合いで収穫の多い
山旅であった。

Commented by gaku-jin at 2017-08-10 13:59
こんにちは。
天狗平、静かでよかったのだろうと想像します。
そうですよね、立てたことが何よりだと思います。
雲や霧が立っているときこそ、山本来の姿が見えていると
私も思います。

次は秋の白馬の眺めでしたよね。
もうあっという間に秋が迫っているのか、、、
一年早いものです。
明日から私も夏休みになります^^
Commented by u-Brigand at 2017-08-10 17:27
> gaku-jinさん
こんにちは!

ここには中国がほとんど来ません、この日も一人もいません
でした、快適です(^_^)
雲や霧、そこへ朝日、夕日、これが山写真の醍醐味ですから
泊まらなきゃ撮れません、イイ時の光景が忘れられず馬鹿の
一つ覚えみたいに通うのでしょう。それが山男ですから(^_^)
白馬栂池泊も期待しています、その前に風の盆が。

私んちも明日から盆休みです、従業員の顔が穏やかです(^_^)
Commented by jerry114 at 2017-08-11 15:42
一気に見させていただきました☆
素晴らしい旅ですねー!!
羨ましいです~。。。
空、雲、山、空気~~~などなど、一度に盛り沢山ですね。。。
ヤッホーー!っていいながらココ、あるきたいなぁ。。。(妄想
Commented by u-Brigand at 2017-08-12 06:34
> jerry114さん
おはようございます。

数年前までなら年間に4回以上行っていたのですが
病気してからここ3年間で2回目です。
ピーカンの天気とは行かなかったですが、この天気
の方が暑くも無く歩いていても吹き出すような汗が
出なくて良かったです。だから存分に楽しめました。
Commented by ryo at 2017-08-16 22:13 x
こんばんは!

お写真を拝見して、価値ある&意義深い 山岳旅をされたのがよくわかりました(^^)
刻一刻と変わる、山と空と雲のハーモニー、素晴らしいです。

自分は、街中で文明にあふれた暮らししかできないと長いこと思ってきましたが、
こうした山岳風景の移り変わりを見られるなら、テレビもPCもない数日間、過ごせそうです!

4枚目の風景、小さな池に閉じ込められた風景は、水晶玉の中みたいです(^^)
空から見たら、この大地の瞳のように見えるんじゃないかしら。

食事も本当に豪華で美味しそうですね。
以前、友人が富士登山のさい、山荘で持たされたお弁当のカレーライスが、
半分凍って、カレーアイスみたいだった と言ってました(^^;)
Commented by u-Brigand at 2017-08-17 06:18
> ryoさん
おはようございます。

ついこの前の旅だったのにお盆が終わってもう過去の
思い出になった感覚です。月日の経つのが早いですね。

この天狗平は観光客が室堂ほどいないのです、服装も
山スタイルの人達ですから登山の山小屋の雰囲気であり
ながら景色の良い保養地のようでもあって心が落ち着く
のです、ryoさん一度いかがですか、特別な装備など何
も必要なくて山岳を味わえますよ、翌日朝一番のバスで
弥陀ヶ原へ行けば空いていますし。

小さな池、言われてみればほんと目に燃えますね、瞳に
空が映っているような、山荘の目の前ですから人目につ
きます。
ここの食事は楽しみの一つです、立山の山小屋は何処も
食事はイイのですがとりわけここが群を抜いています。

あっ、褒められるとまたいっぱい書いちゃった(^_^)
by u-Brigand | 2017-08-10 11:25 | 写真 | Comments(6)

    黒部の山人から、都の住人に

by いちやど