2016年 06月 22日 ( 2 )

重湯食って勉強中

入院すると時間が有り余ってどうしようも無い、元気だったらこんな余裕はないのだからとにかく本を読もうと思う。
さしあたり写真の本を3冊も買って、「ナショナル ジオグラフックス」はシリーズとして読んできていて、俺の撮影スタイルはこれを参考にしている。
日本人は外国人の書いた本はあまり読まない傾向にあるが、確かに一部は正しいと思う。
俺が重要視しているのは、写真文化とは絵画からのパクリだから日本にはそんな文化がもともと無いのだ、だから外国のフォトグラファー
の視点が大変参考になるのだ、そしてくどくど書いていなくとても分かりやすい。このカメラは新たに買う中盤フィルムカメラ、楽しみ。
b0368417_15523664.jpg


21日の昼から重湯が始まっている、さすが食い飽きた、水分だけだからすぐ腹が空く、あぁ~「どら焼き」食いて~。
b0368417_15524379.jpg


夕方に主治医の回診があって、「回復が順調だし金曜日の午後に退院しましょうか」予定は翌週の火曜日になっているが早めても問題は
無しと判断したそうだ。当方としては全くの異存は無しと伝え、退院後の受診日を決めてそのように決定した。

by u-Brigand | 2016-06-22 19:01 | スナップ | Comments(4)

点滴が終わって


名前が写っているけど、こんな写真は滅多に撮れないし。
b0368417_05355181.jpg

ノートPCが大活躍している、俺ってテレビを見ないから暇つぶしが大変、一日が長いや。
b0368417_05360004.jpg


5日間の点滴が終わってちょっと自由になった。とは言っても特にすることなど無いのでPCで映画を見るか、ネットか小説を読むか、
ま・病院とはこんなもんだと前回で分かっている。
今回の入院も必要の人だけしか連絡をしていないのでお見舞いが少なくて気楽だ。
食事も昨日から重湯が始まって今日あたりは米粒が入っているだろう、順調に快復していると自分でも感じる。

by u-Brigand | 2016-06-22 05:50 | スナップ | Comments(0)

    黒部の山人から、都の住人に

by いちやど