2016年 08月 15日 ( 1 )

8/15 日 PM1:00 退院


俺の病室は左、毎朝こんな綺麗な廊下になる、希望を与えてくれたこの光、一生忘れないだろう
b0368417_13430307.jpg

カーテンの向こうには旧病棟が見える、病棟の新旧交代時に入院していたなんて、これを何て言えばいいのだろう
b0368417_06581081.jpg
SONY RX100
俺の好きなブルー&イエローの病院フォト

昨年の11月から10ケ月間続いていた闘病生活は、入院4回、手術3回でようやく終止符がついて元気な体で退院する。
自分で言うのも何だがよく頑張ったとおもっている。
入院中はベッドで目を閉じていると、もっともっと人生を楽しむように、天からのお告げじゃ無いがそんな声が聞こえてくるような気がする、
だから自分で自分を褒めて人生後半を思う存分楽しむことにした。写真以外にもやりたかった事、途中で頓挫してしまった事、いっぱいある。
まずは体力回復に努力しよう。
諦めていた山岳写真も主治医から思わぬ言葉で「条件付きの許可」で厳しい単独登山以外ならかまいません、素晴らしい回答です。
そんな言葉を聞くと今年の初冠雪には行って見たくなります。

家に帰ってからはいくらでも書ける、退院前に病室で書くことに意味がある。
最後にお世話になった外科医にはとても感謝している、退院しても経過処置が何年も続く、脳梗塞は一生続く、この病院とは切っても切れない
間柄となってしまった。これも俺の人生だ、真摯に受け止めている。

それはそれ、さ~前を向いてしっかり歩く姿を家族に見せなきゃ、昼飯食ってシャワーを使って、女房が迎えに来る。

by u-Brigand | 2016-08-15 07:33 | スナップ | Comments(6)

    黒部の山人から、都の住人に

by いちやど