2016年 12月 27日 ( 1 )

高野山 2016(1)

高野山と言えば誰もの思いつくのはこの塔と奥の院だろう、天気も良く朱色が美しい
b0368417_21000223.jpg


京都ではよく撮るがここではひしゃくがいっぱい並んでいる
b0368417_21000603.jpg


      問題はここだ、どう撮ってイイか分からない、何度か通う内に何かつかめるだろう
b0368417_21001010.jpg


      このアングルには個性を出したつもり、多分撮られていないと思う
b0368417_21001326.jpg


「写真を撮らせて下さい」、「はい、どうぞ」許可を頂いているのでしっかりと撮りきっている、実にイイ写真だ(ちなみに私の御朱印)
b0368417_21001802.jpg
FUJIFILM X-Pro2

体の回復度を確かめたくて2泊3日の高野山へのひとり旅を実行した。
前々から来たかったのでようやく実行出来てとても嬉しく思っている、今回の旅は雪の高野山を想定したロケハンで3日間歩き通せる体力が必要になる、
それがどうだろうか、毎日のウオーキングがこんなにも役だっていたとは、体力が以前と同じとは行かなくてもほぼ同程度までに回復しているのに嬉し
くて、自分ながらよく頑張ったんだと誉めまくっていた、そんな俺も夜になれば爆睡(笑)この高野山シリーズを数回に分けて書き残しておこう。

by u-Brigand | 2016-12-27 06:49 | 写真 | Comments(6)

    黒部の山人から、都の住人に

by いちやど