2017年 02月 24日 ( 1 )

尾道の旅 Ⅴ(ラスト)

地ビール一本サービス付き、わりといけるじゃん、刺身がかなり美味い
b0368417_23333898.jpg

一番美味かったのはこれかな、なめるように食ったよ
b0368417_23334420.jpg

ここらあたりでお腹がふくれ始めた
b0368417_23334703.jpg

天ぷらはあまり好きじゃないけど、冷酒を一本注文して勢い付ける 料理はこれだけであとはご飯と汁と漬け物
b0368417_23335007.jpg

旅館の朝飯、こう言う所ではついご飯を2杯も食ってしまう、イカンイカン、帰って2㌔も太って戻すのに2ヶ月もかかる、こんなくり返し
b0368417_23335408.jpg

旅館を出てすぐ福山まで戻ってきた、新幹線からも直ぐ横なので初めての見学
b0368417_23335784.jpg


   福山ちゃんよ、そんなウソ言うたらアカンで〜、この城の何処が名城なんや、徳川時代の城で戦が無くなってただの市役所じゃないかよ、我が家は
   上杉謙信の家来やからそりゃもう〜詳しいでっせ〜。あのな 日本海側で言うたら島根県の月山富田城、我が先祖達の春日山城なんや、そんなのは
   当たり前やないか、アホちゃうか‼、と、ま〜 誰もおらん天守閣での一人言
b0368417_23340041.jpg

尾道ラーメンと変わらぬ美味さ「福山ラーメン」、このお店はコンクールで勝ったとか何とか書いてあった、昔の中華蕎麦そのものだ、好きだな〜
b0368417_23340492.jpg

青春時代の復習の旅は昨年の秋に厳島、今年は尾道、次は長崎だろうな、最後に最初の青森にしようか、ひとりではいく気はしないが女房となら
行って見ようと思うのは何故なんだろうか、きっと若い頃から旅行などしなかったので今さら追いかけているのかもしれない。

尾道の旅シリーズお終いです、見ていただいてありがとうございます。

by u-Brigand | 2017-02-24 00:23 | スナップ | Comments(12)

    黒部の山人から、都の住人に

by いちやど