2017年 10月 02日 ( 1 )

我が古里

この黒部川を渡ると五分程で家に着く
b0368417_21542788.jpg


晴れていればいつもこれを見て家に入る、前々から撮って見ようと思いながら初shot
b0368417_21543097.jpg


納屋にもこんな夕日が差し込む
b0368417_21543308.jpg


家の裏庭からこんな夕日が見られる、今は北陸高速に沈んでいくが昔はもっとカッコイイ
b0368417_21543741.jpg

   家の前の田んぼにこんな天文台がある、どこかの観測所のような、何のことはない我が家だ(^_^)
b0368417_21201019.jpg
Fuji X-E3

   9月の連休は台風で帰れなかったので、稲刈りも終わったことだし、年老いた親の顔を一年半見ていなくて女房と二人で里帰り。
   前回から一時間交替で運転してくれるから疲れなくてイイ。
   今回は一泊だけだし着いて翌日の朝には帰るのだから何処へも行けない、ほんじゃいちやどシリーズでも撮ってみるか、そう思い
   こんな写真を並べてみた。圧巻は何よりも星だろう、家の前でこれほどの星が見られるのだから、まるで立山にいるような気分を
   味わえる、最高の夜だった。

by u-Brigand | 2017-10-02 07:25 | 写真 | Comments(12)

    黒部の山人から、都の住人に

by いちやど