カテゴリ:写真( 177 )


b0368417_06421821.jpg
Mamiya645AFDⅡ 35mm F5.6+0.3 Velvia50


毎年撮り続けているこのカツラ。
今年は作品にしようとかなり真剣撮り、とは言っても補正を変えて二枚撮っただけだけど、構図をいろいろ考えて今回は恐竜の姿を選ぶ事にした。
欲を言えば青空が欲しかったが、そのかわり緑が跳ねなかったしこれで良しとしよう。こんな写真を撮るとやっぱりフィルムだと思いしらされる。

by u-Brigand | 2016-06-09 06:43 | 写真 | Comments(4)

仏界の宇宙を


b0368417_18333587.jpg


行こう行こうと思いながらこの日から5年近くになっている、高野山は厳冬期が見事な写真になる、仏界の宇宙を求めて今年はチャレンジしたいな、
体調が万全であることをせつに祈りたい。

いよいよ今日は手術の予定が決まる、どっちへころんでも腹は据わっていからその場で粛々と受け入れることにしている。

病院から帰ってきて・・・
6/17(金)~入院と決まり、ちょっとややっこしい手術なので一週間の予定(6/07追記)


by u-Brigand | 2016-06-07 05:39 | 写真 | Comments(2)

但馬高原


b0368417_06243953.jpg

b0368417_06244370.jpg

b0368417_06244602.jpg

b0368417_06244929.jpg

b0368417_06245272.jpg

b0368417_06245621.jpg

朝6時に我が社Pに集合、写真仲間3人で但馬高原向かう。
途中のおしゃべりはそれも楽しみのひとつだろうか、少人数の割にはけっこうワイワイガヤガヤ。

ちょっと早めに着いたので近くの公園でちょっと暇つぶし。戻って来て少し早めに入れてくれた、ここは但馬高原植物園。
植物園は京都府立植物園と但馬高原植物園、この2つしか行ったことが無い、京都植物園は都会のオアシスのようなもの、但馬は手つかずの自然
がある、そんなとこだろうか。
もう一つ植物園では無いが好きな森がある、言わずと知れた「糺の森」、ここは別格で神様の住む森なのだから。

この日のメインはフィルムで大木を撮るのが目的で、それ以外はコンパクトで撮りまくった、買ってから初の本格使用だ。全てJPEGの一発勝負、
流石に1型センサーだけあってそこそこ撮れるじゃありませんか、コンパクトでこれだけ撮れれば上等だよ。

水の美味い所だからコーヒーが美味い、2杯も飲んでついでに昼食もしてしまった、丁寧に作ってあってとても美味しい、そんな時は話もはずむ。

フィルムの現像が仕上がったら、次の更新はフィルム写真の記事を書いてみようか。

by u-Brigand | 2016-06-05 06:53 | 写真 | Comments(5)


6月初日の日記はフィルム写真から、イイ出だしだ~
b0368417_08051450.jpg

最後まで添い遂げようと二人の道をゆく、この老夫婦からロマンをいただいた
b0368417_21372715.jpg


冷蔵庫で眠っていたけど流石にVelVia50、思っていた以上に色が出た。新しいものと変わらないと思う、ちょっと心配だったけど
これだと安心だな。朝の下鴨、人もほとんどいない、かなり真剣撮りなんだから。
Mamiya645AFDⅡ VelVia50 80mm F16 補正+0.3 朝8時頃 久しぶりのフィルムスキャン。

by u-Brigand | 2016-06-01 18:39 | 写真 | Comments(4)


b0368417_10061997.jpg
今度 貴船でも行って見ようかな


b0368417_10062401.jpg

夏の茅葺きと言えば、俺だったらスイカとソウメン、冷酒を一杯引っかけて昼寝さ、そりゃ〜富山の実家でのお話でしょっ。
ここは嵯峨野の祇王子、こちらでは雅にお茶とヨウカンと行きましょう、冷たいお茶がのどを潤してくれる。最近はよくお茶を付き合わされる。
言う事を聞いておこう、あとがかなわん。

今月はけっこうガンバッテ書き込んだ、来月は病院通いが多くなるだろうからこれで良かったかもしれない。

by u-Brigand | 2016-05-31 08:54 | 写真 | Comments(2)

麦の詩(実家で朝散歩)


ブルーとイエローが好き、この色が気になっていた。
b0368417_17054688.jpg

麦畑を見るとNHKの朝ドラ「マッサン」を思い出してしまう。
挿入歌の中島みゆきの「麦の唄」も実に素晴らしい、歌詞とメロディーが俺好みなんだ、PCでもよく聞いている。
富山への道中は福井県、石川県と通り過ぎる、今年は麦畑をあちこちで見かけた。朝日を浴びた黄金色はとても美しい。

写真を撮り終えて、朝食をいただき、京都へ向かう、今回は夫婦だけ一泊二日の小さな旅だった、たまにはそれもいい。

何故急に麦の写真を撮る気になったのだろう・・・麦の唄が好きだ、俺に重ね合わせて聞いてしまう、女房に感謝だな。(5/26追記)

by u-Brigand | 2016-05-24 06:32 | 写真 | Comments(4)


黒部渓谷鉄道、俺にとって自慢出来る古里の光景だ。新緑も紅葉も京都にはない雄大な自然美がある。
b0368417_17042715.jpg

子供の頃は夏休みと言えばこの川で過ごしたものだ、いくつになってもあの時の思い出が。
b0368417_17043201.jpg


今年のお盆は帰省出来ないので、かなり早めだが墓参りを兼ねて里帰りをした。
退院して体調も良くなったし元気な顔を見せておきたかった、母親も元気な姿で出迎えてくれてなによりだった。
実家には高校までしかいなかったのに、帰って来ると何でこんなに元気が出てくるのだろうか、生まれ育って思春期を過ごし旅立ちをした、
それが今になっても大きく影響しているのだろう、今回は病気して回復しての里帰りは特別な感がある。

宇奈月温泉から少し先に「とちの湯」があっていつもそこへ行く、行く道中にこの鉄橋があって丁度トロッコが通りかかった。下流に下って
黒部川を渡ると一宿村に5分ほどで到着、いつものことなのに元気な体で帰ってこられたことに感謝、感謝。

by u-Brigand | 2016-05-23 05:36 | 写真 | Comments(2)


タイトル「暁暗、東寺」
b0368417_08201011.jpg

京都絶景シリーズを始めてここを第一の作品にしようと意気込んで行ったのに、朝日の位置を正確に把握していなく、しかも予想したよりも
焼けなくて、ダメ押しに来た時期が違うことが分かってガッカリしたものだ。
それでもせっかく来たのだからその場を受け入れて精一杯撮ってみようと思った。それが良かったのかよく分からないが試しにコンテストに
エントリーしたら入賞してしまった。
一般公募展には何度も入賞してきて新聞にも掲載されてきたが、今回のように投稿写真から写真雑誌に載るのは初めての事で、何だかとても
新鮮さと嬉しさが入り交じっている。

そう言えばこの写真、友人と行く約束をしていてドタキャンされたんだった、三脚をたてて待っているとカモが鳴きながら寄って来てアホに
されているような気分だった(5/21追記)

by u-Brigand | 2016-05-20 14:38 | 写真 | Comments(6)

高原の森に行きたい


b0368417_16395734.jpg


高原には最高の季節が来た、体調もかなり良くなったし、兵庫県の高原なら2時間ぐらいで行けるし、誰か連れてってくれないかな〜、
昼飯ぐらいご馳走するんだけどな〜。この写真、「下鴨神社 糺の森」
それとももう少しぐらいの中距離は大丈夫だから思い切って行ってみようか、やっぱり年内は無理はせんとこ〜か、う〜ん 思案中。

近い将来に、自転車を車に積んで高原の森を走ってみたい、そう言うのすごく楽しそうだ。

by u-Brigand | 2016-05-16 07:21 | 写真 | Comments(4)

永観堂、接点


b0368417_15332015.jpg

京都のもみじと言えばここが顔だろう、あまたの連中が写真を撮っている。同じものを撮っても何の芸もへったくれもない。
そこで今日は宝探しをしようと決めた。ほんでいくつか探し当てた、その内の一枚がこの写真、俺の記憶では過去に見た覚えがない。


b0368417_07253284.jpg


この床みどりは誰もが気が付くと思うけど、永観堂では初めてなので記録として撮っておこうと思った。今の時期は新芽色に近いので緑が濃
く映らない、8月頃がいいのかと思っている。
それはともかく、この日はひとりだけで楽しい半日を過ごせて満足だ。週明けには注文している自転車が届く、しばらくは自転車にはまって
写真どこじゃないかも。

by u-Brigand | 2016-05-15 04:56 | 写真 | Comments(6)

    黒部の山人から、都の住人に

by いちやど