カテゴリ:写真( 125 )

白い花見

b0368417_22145814.jpg
FUJIFILM X-Pro2 16-55mm F2.8

花見なのにワンカップを持って行くのを忘れた、こりゃ~大失敗だった(笑)

by u-Brigand | 2017-01-26 06:38 | 写真 | Comments(6)

ささめ雪

b0368417_16264370.jpg
FUJIFILM X-Pro2 16-55mm F2.8

近場の山林だけど 2年ぶりに雪景色撮影、降り積もる雪の中をスノーシューで2時間ほど体力テスト。スイスイとラッセルしながら奥地へ、楽しかった〜。
体が雪と山を覚えて以前の自分を取り戻しつつありとても嬉しい。

by u-Brigand | 2017-01-25 07:13 | 写真 | Comments(6)

西陣、紋屋図子

b0368417_16535100.jpg

京都ではこんな路地のようなところを図子と言う、中国の観光客はさすがにここまでは知らないだろう(笑)
京都人でも西陣以外の
住人は知らない人が多いと聞く。

京の街中には様々な図子がある。とりわけここが有名かと思う、「大宮通五辻上ル西入ル紋屋町」 京都育ちのタクシー運転手なら

連れてってくれるはず。


by u-Brigand | 2017-01-18 06:31 | 写真 | Comments(6)

Birthday Film scan EPSON GT-X980

今日はbirthdayだ、夜はゆっくりと歳の重ねを祝って
写真は「フィルムで初めて」「フィルムで終わる」その心意気は・・・
b0368417_15174956.jpg

FUJIFILM GF670 Professional/ベルビア100


FUJIFILM GF670 Professionalを買って試し撮りを一本だけ撮ってほったらかしにしていた、その次に
EPSON GT-X980 を買ってひと月ほど箱にいれたままほったらかしにしていたが、ようやくやる気になってスキャンしてみた。いくら試し撮りだからと
言ってももっと真剣に原版を作らなきゃいけないな、と今回は痛感した。だってこのカメラでは最初の1本目のfilmなんだから記念になったはずだった。
着々と写真関係の機材がそろいつつある、昨日なんかAdobe Photoshop CC/ Lightroom CCの設定が終わって次回の撮影から最新機能が使える。

今週も頑張って書き込んだ、週明けまでお休み

by u-Brigand | 2017-01-13 07:24 | 写真 | Comments(14)

染井の水(梨木神社)

b0368417_21262905.jpg


この水は京都三名水のひとつに数えられる、京都御所の直ぐ隣にひっそりと佇んでいる神社なのだけど、古来から天皇家も愛した水なのだろう。
写真を撮っている間も次から次へと水くみに人が来る。
ニコッと挨拶して「今日は写真にしようと思いまして、家ではどう使われます〜」そんな会話をしながら数枚をカットした。

こう言う被写体が一番難しい、構図とイイ、色とイイ、なかなか思うように決められない、ハッキリと写真の腕が表れてくる、京都を奥深く撮ろう
と思えば必ずぶち当たる壁なのだ。写真一枚にも歴史の重みと言うか重圧と言うか、ま・それがエンドレスなのだろうけど。

by u-Brigand | 2017-01-06 06:46 | 写真 | Comments(2)

嵐山 夜明け

b0368417_20035152.jpg

偶に来ても全く箸にも棒にもかからない、もっと通えと言うことか。
予報は快晴なので朝日が見えるかと思ったんだけど、かけら一つ見えなくてドンヨリ焼けた程度だった。何人かカメラマンが来ていてガッカリした表情が
読み取れる、ナンバーを見ると遠方から来ているのに気の毒だった、そんな俺なんかいつでも来られるのだから。

明日から仕事、休みなんかあっという間に終わってしまう。それに比べ一日の仕事が長げ〜こと(笑)

by u-Brigand | 2017-01-04 15:38 | 写真 | Comments(10)

初撮りは低くても山

b0368417_11323077.jpg

近くの寺参りでもしようかと思っていたけど、あまりにも天気がイイ、今年からトレッキングから再開しようと決めているし、思ったら吉日、早速低登山
から開始してみた、すると何と気持ちの良いことだろうか、北アルプスと比べたらどうしようもないが、今の脚力ではこれで丁度イイのかもしれない。

by u-Brigand | 2017-01-02 11:20 | 写真 | Comments(6)

謹賀新年 2017

b0368417_20255373.jpg

年に何度見ることでしょうか、龍安寺石庭の土塀です、よく見ると人が雲の上を歩いているようです、「ノンビリ行こうね〜」私には栄養剤のようなもの。

今年の目標・・・不良中年満開、好きなように書くまくる
        イイ温泉24ヶ条の改訂版にエネルギーを
        ひとり旅の充実、時々女房にお供を願う

人生は、愉快だ!
忙し過ぎませんか・疲れていませんか・遊んでいますか・夢を持っていますか・豊かなライフスタイルのつくり方・これからの人生を好き勝手に生きるた
めの気概と矜持。
マジメ人間よ、目覚めて不良になろうじゃないか。ここで差がつくオヤジ世代の「恋の方程式」、不良の虫を育ててこそ人生が開ける。ガチョ〜ン。

by u-Brigand | 2017-01-01 00:16 | 写真 | Comments(2)

高野山 2016(3)

      (クラシッククローム)
b0368417_21551377.jpg


(ACROS)
b0368417_21551719.jpg


      (ACROS)
b0368417_21552043.jpg


      (ACROS)
b0368417_21552247.jpg


(クラシッククローム)
b0368417_21552573.jpg
FUJIFILM X-Pro2

ここで見た人々を少しだけ追って見た、観光客がほとんどだけどその中に西国巡礼者もよくみかける、気になっていた中国人が少ないように感じた、
地元の人に聞くとやはりそうで、見かける外人は白人ばっかりだった。宿坊近くの喫茶店ではいつも外人さんでいっぱい、修行僧も外人が多くいて
なんか訳があるのだろうか、そう言えば宿坊にも3人が働いていた。
坊主は勿論だけど参詣者も絵になるのは高野山の特徴ではないだろうか、次回はもう少し踏み込んで真正面から表現出来ればイイと思っている。

by u-Brigand | 2016-12-29 06:47 | 写真 | Comments(2)

高野山 2016(2)

高野山って京都と違って同じ寺なのにどことなく空気が違う、言葉ではうまく言い表せないが中身がよく見えてこないのだ、そこが真言密教だと
言われればあとに言葉が続かない、ま・その内に何かが見えて来るだろう。

玄関に入って直ぐ御朱印を受け付けして拝観料を払って、ここから奥へ(ACROS)
b0368417_21321089.jpg


上のカットの反対側から(クラシッククローム)
b0368417_21321473.jpg


ここからは別の建物(クラシッククローム)
b0368417_21321840.jpg


(ACROS)
b0368417_21322281.jpg


(スタンダード)
b0368417_21322590.jpg
FUJIFILM X-Pro2

寺にくるとどうしても光と影に視線が向く、ACROSを何度も使用した、Pro2でシヤッターを切るときはいつも心がけているのは「今日は練習なんだ」
買って半年間はこの気持ちを持ち続けようと思っている、まだ半分にも満たないのに気に入った写真が撮れるわけがない。暗闇でライトを付けなくても
普通に操作出来るようになれば少しはマシな写真が撮れるだろう、Nikon時代はそうだったんだから。

今回は痛烈に思った、俺は京都人だ、寺は撮り慣れている、それがここでは通用しない、被写体にはコテンパンにやっつけられた。数日泊まったくらい
では写真の入り口にも入れない、なんと奥深い地なのだろう。真言密教だから俺は動物になったら少しは仏界を覗き見出来るのだろうか。
ロケハンでこれだから先が思いやられる、けどそれが少し分かっただけでもロケハンの意味合いが大きい。慌てない、慌てない、じっくり攻めてやるさ。

by u-Brigand | 2016-12-28 07:38 | 写真 | Comments(4)