ご無沙汰、京都駅

b0368417_07123367.jpg
SONY RX100MⅢ

この頃やること、なすこと、全てがご無沙汰ばっかりだよ、しようがないさ闘病生活が10ヶ月もあったんだから、ここも久しぶりだった、
手前のテラスなんかこんなに人がいるのは初めて見た、来てみるもんだな。

by u-Brigand | 2016-08-30 05:55 | スナップ | Comments(4)

カメラ旅的、練習


b0368417_07142038.jpg
SONY RX100MⅢ

   この日は午後から京都駅周辺でカメラ旅のスナップ練習をしていたような感じだった、京都タワーをそのまま撮ってもいいのだが観光客
   じゃないんだ、チーとはスナップ要素を入れたものにならないか、俺が選んだのはこのアングルだ。秋から始める電車で行くカメラ旅の
   練習なんだ。

by u-Brigand | 2016-08-29 05:56 | スナップ | Comments(2)

夏休み最後の休日


b0368417_07122632.jpg
京都水族館はできて何年になるのだろうか、一度も行っていなかったので覗いて見ることに、夏休みの最終休日だから家族連れが多いだろうと
覚悟して行ったがそれほどでもなく。

b0368417_07123946.jpg
駅前で見かけた「京都駅アクアファンタジー」、ション・レノンの「イマジン」が流れている、この雰囲気にこの曲がとてもよく似合う。
コンテジなので思うように撮れなかったがこれで精一杯かな。最初は数人だったのに終わってみれば人だかり(笑)

SONY RX100MⅢ

by u-Brigand | 2016-08-28 09:46 | スナップ

すっきり青空


b0368417_18114316.jpg
SONY RX100MⅢ

オフィスから空を見ると一面に形のいい雲が広がっている、あの山の上はどんな感じだろう、思い立ったら吉日で即行動すること。
三脚で撮っているのでめっちゃ綺麗だ、ほんまにこれでコンパクトかと思わせる画質。

by u-Brigand | 2016-08-26 06:31 | スナップ | Comments(2)

面白い本を見つけた


b0368417_16353344.jpg

 面白い本がないかとぶらっと立ち寄った本屋でこんな本を見つけて即買った、タイトルがイイ「ぶらりカメラ旅」なんて男心をくすぐる。
 体力が回復したらローカル線の日帰りでもイイし、一泊でもいい、一番行きたい所は尾道の「ねこ旅」をしてみたいと思っている、そんな
 ことを考えていた矢先に見つけた本だ。サラッと目を通すと俺と同じ思いが随所に出て来る・・・なるほど、これは面白い。

by u-Brigand | 2016-08-25 07:24 | 小説・雑誌

大病したのにまた雪山に行けるなんて、幸せ者だ
b0368417_20083307.jpg
退院のお礼と残暑お見舞いのポストカードとして、お返しの品物といっしに送る


この写真はアルペンルートが閉鎖される3日前に新雪を見たくて行った時のもの、前夜に降ったらしく真っ白な雪に喜び勇んだものだ、この
後急に天候が荒れ出してブリザードになって完璧なホワイトアウトだった。こんな山旅は二度と出来ないと諦めていたのに、まさかOKが出
るとは思いもよらなかった。とか言ってもまた夏山だし冬までまだ時間がある、ジックリと体力の回復とトレーニングに精を出さなきゃ。

by u-Brigand | 2016-08-22 06:24 | 写真 | Comments(2)

RX100Ⅲ 初撮り


この灯籠流しは今年で最後になる、昔はこの川で子供がよく水死することがあったらしく、それから地蔵盆で流すことを始めたと聞いている。
b0368417_11430345.jpg

我が家も毎年流しているけど見つけられない、今年で最後なんだから一度ぐらいは我が家の灯籠を撮っておきたかった。
b0368417_21484983.jpg

RX100Ⅲだけを予定より前倒しで買って早速地蔵盆で高感度の試し撮り行った。撮りながらふと思った「この夏は入院しただけだったな~」
使い勝手の基本は変わっていないが細部の変更があるので慣れていないこともあって使いにくかった、でも流石に2ランクも上げた事はある、
スタンダードよりかなり良い、APS-Cのサブ機としてはこれだけ写れば上等だろう。来週に下鴨神社でもう一度試して見ようと思う。

by u-Brigand | 2016-08-21 07:07 | 写真 | Comments(2)


5年ぶりの一冊、俺にとっては「金メダル」にしたい
b0368417_07295583.jpg


b0368417_12101616.jpg


b0368417_12102011.jpg


ようやくここまで来た、入退院をくり返ししながら写真集への思いが行ったり来たり、病気をしなかったらとっくに仕上がっていただろう。
あとは「息吹を書き込む」作業だけ、今回はウダウダと能書きは書かない事にしている、シンプルにシンプルに美しくを作り上げたい。

この写真集の見せ所は山岳写真の復活への気持ちの表れと、最終ページのフィルム写真で全てを表したつもりである、そして今回は親しい人や
兄弟にも配ることにしている。病気して拾った命だから、人生後半戦のスタートを形に表したいと思った。

by u-Brigand | 2016-08-20 10:19 | 小説・雑誌

8/15 日 PM1:00 退院


俺の病室は左、毎朝こんな綺麗な廊下になる、希望を与えてくれたこの光、一生忘れないだろう
b0368417_13430307.jpg

カーテンの向こうには旧病棟が見える、病棟の新旧交代時に入院していたなんて、これを何て言えばいいのだろう
b0368417_06581081.jpg
SONY RX100
俺の好きなブルー&イエローの病院フォト

昨年の11月から10ケ月間続いていた闘病生活は、入院4回、手術3回でようやく終止符がついて元気な体で退院する。
自分で言うのも何だがよく頑張ったとおもっている。
入院中はベッドで目を閉じていると、もっともっと人生を楽しむように、天からのお告げじゃ無いがそんな声が聞こえてくるような気がする、
だから自分で自分を褒めて人生後半を思う存分楽しむことにした。写真以外にもやりたかった事、途中で頓挫してしまった事、いっぱいある。
まずは体力回復に努力しよう。
諦めていた山岳写真も主治医から思わぬ言葉で「条件付きの許可」で厳しい単独登山以外ならかまいません、素晴らしい回答です。
そんな言葉を聞くと今年の初冠雪には行って見たくなります。

家に帰ってからはいくらでも書ける、退院前に病室で書くことに意味がある。
最後にお世話になった外科医にはとても感謝している、退院しても経過処置が何年も続く、脳梗塞は一生続く、この病院とは切っても切れない
間柄となってしまった。これも俺の人生だ、真摯に受け止めている。

それはそれ、さ~前を向いてしっかり歩く姿を家族に見せなきゃ、昼飯食ってシャワーを使って、女房が迎えに来る。

by u-Brigand | 2016-08-15 07:33 | スナップ | Comments(6)

入院先からこんな夕日が


b0368417_20151892.jpg

夜になって暗闇に佇む旧病棟を撮ってみた、ついこの前まで明かりがともっていたのに、暗くなると廃墟になっている。
b0368417_20573142.jpg

退院するまで更新はするつもりはなかったけど、予想していた以上の夕日に感動してしまった。
普段は街の中から夕日を見ていたが、少し高いビルから撮ると高原のような夕焼けになるんだな、まだまだこの街を知らないな、
何よりも可愛い看護師が集まってきて職場からこんな光景が見えるなんて、そんな顔をしていた。
看護師が聞いてくる、「上野さんってどんなお仕事なんですか」、「素浪人だよ、長屋で傘張りやって口を濁しているんだよ」、
なんて冗談を言ったのに通じなかった(笑)

by u-Brigand | 2016-08-10 21:21 | 写真

    黒部の山人から、都の住人に

by いちやど