掃除好きな寺(龍安寺)

b0368417_19131563.jpg
FUJIFILM X-Pro2

      とにかくこの龍安さんは一日中あちこちで掃除をしている、住職の方針というか寺の運営と言うか、見る者にはとても気持ちが良い、
      それともう一つ他の寺と比べたら金儲けに淡泊だ、駐車場だって桜の時期だけなのだ、世界遺産でここだけだと思う、そんなところ
      がこの寺への親近感が湧いてくる、ご近所だからひいき目に見るし、尚更そんな思いがあるのかもしれない。

      ネタが尽きてきた、またどっかへ撮りに行こうか。

by u-Brigand | 2016-12-14 06:42 | スナップ | Comments(6)

ロックガーデン

b0368417_06484726.jpg
FUJIFILM X-Pro2

長年撮り続けてきたけどモノクロで撮るのは初めてだ、18㌫グレーをしっかりと、待っていた柔らかい光がさしてきた、そこを逃さず何とか一枚。
10時頃には混み出したのでここを出る、いつものこと(笑)

by u-Brigand | 2016-12-13 07:17 | 写真 | Comments(4)

晩秋の扉(龍安寺)

b0368417_16174154.jpg
FUJIFILM X-Pro2

      晩秋を見たいと思って散歩に出かけた、天気も最高でこの日で最後だろう、この廊下に来ると扉があるように思えてならない、
      今日はその扉が全部開けて待っていてくれた、美しい心の扉、龍安さんご無沙汰しておりました。
素敵な散歩をありがとうございます。

by u-Brigand | 2016-12-12 06:42 | 写真 | Comments(6)

陶芸家宅へ Ⅱ

b0368417_22221902.jpg

b0368417_22222467.jpg
FUJIFILM X-Pro2

この古くさいような色合いはクラシッククローム(WB)がお似合いのような気がして、明かりが何とも素敵な演出をしてくれている、
前回までコンパクトばかりだったけど、今日は久しぶりだったこともあるしミラーレスでしっかり撮ってあげた。

by u-Brigand | 2016-12-11 07:01 | スナップ | Comments(2)

陶芸家宅へお呼ばれ

      デッサンのようにジックリ見つめてワンカット
b0368417_14482040.jpg

      どれにしようかしら これも良いわね とか何とか
b0368417_20050913.jpg
FUJIFILM X-Pro2

      作品がいっぱい貯まったので見に来て欲しい、と言うので女房とお茶の先生方を連れて行って来た、この陶芸家夫婦のバイタリティー
      には頭が下がる、芸術家、小説家、俺も昔は夢見た道なのでよく分かっているつもりだが、彼らの創作活動の話を聞きながら今の自分
      に置きかえて見ると微かに何かが見えて来るような錯覚にとらわれる。俺にエネルギーを与えてくれている、有り難い。

      勿論、少しだけだけど先生方と一緒に何点か買ってあげた、そのカップで焼酎を飲みながら日記を書いている、今日は美味い酒だ(笑)

by u-Brigand | 2016-12-10 15:17 | スナップ | Comments(0)

ちょうど一年前


ちょうど一年前のPM1:30分に退院、家に帰って書斎の目の前に飾ってある
b0368417_21274278.jpg

一人言・つぶやきを多いに

   あれからもう一年になるのかと、ついこの間のようだ、時々受診があるので出かけていくと美人看護師達によく出会う、いつも感心しているのだ
   退院して一年になるのに名前までしっかり覚えてくれているとは、仕事柄そんなもんなのだろうか。よ〜く見てもやっぱり美人達だ(笑)
   それとこのお祝いをくれた子はどうしているだろうか、看護学校の生徒で実習に来ていて対象者に俺が選ばれた、何で俺なんだろうと思ったけど
   看護師長が頼みに来るから何となく返事してしまって、週3回は2時間ほどおしゃべりに来る、内容などどうでもいいらしく患者とコミュニュケー
   ションがどれだけ出来たかが重要らしい。自分の娘よりかなり若くて何を話していいのか困ったもんだが、普段こんな若い子と話すことなんて無
   いのでイイ刺激にもなったことをよく覚えている、卒業したら大学へ行くと言っていた、この3月は卒業だな。退院時にこのお祝いをプレゼントし
   てくれて、そこからナースステーションまで付いてきて俺と女房が廊下の見えなくなるまで笑顔で見送っていたのが強く印象に残っている。
   この子を写真を撮っておけば良かった、あんなに話をしていたのにすっかり忘れていた。

   退院してからが辛い日々だったと思う、精密検査の結果がガンだと分かって、それ以来3回入院して3回とも手術をするなんて、人生最悪の日々を
   過ごす事となった、ようやくお盆の8/15日退院となりリハビリに励んでこんなにも回復するなんて当初の苦しみを思えば考えられない。
   こんなに自分の人生と向き合って自問自答したことは今後も無いと思う、誰にも言わないが巌とした決意を持って生きていこうと決めたものだ。
   
   ここひと月ほど写真をかなり真剣に取り組んだ、お陰で来年のコンクールに出せる作品にも恵まれた、また連続入賞を続けて今度は5連続を狙い
   たいものだ(そんな甘いもんじゃないが気持ちだけ)
 
   昨年11/12に倒れて12/8に退院した、この日に合わせて頑張って書いて来たが、これでようやく人生の出来事として思えるようになるだろう。
   今日はイイ記録が書けた、早速PDFブリントしてファイル保存した。 

   書き終えて読み返してみると俺って文才が無いな~って思う、親が小説家だったのにその息子がこんなもんだとは恥ずかしいものだ、ブログが便利
   で日記替わりに使っているけどNetだから不特定多数の人が見ることになる、アクセスもかなりある、ヘタな作文だと思われているに違いない(笑)
   ま・いいっか

by u-Brigand | 2016-12-08 08:01 | スナップ | Comments(10)

今年見た最高の秋


b0368417_07421956.jpg
FUJIFILM X-Pro2

仏界って紅葉があるのだろうか  もしあるのならこれを言うのだろうか

京都ではこれほどの情景は見られない  初めてだったのでうまく撮れなかった  来年は作品にしたいな  今年見た最高の秋‼

例年になく沢山出かけたし、昨年のリベンジは充分出来たし、2016年の紅葉はこれにて終了。


イイネあります(笑)

by u-Brigand | 2016-12-07 06:38 | 写真 | Comments(4)

河合神社(糺の森)


   出町柳から糺の森に戻ってきたら太陽にギラギラと輝いている銀杏が目に付いた
b0368417_08044686.jpg
FUJIFILM X-Pro2

   ここの銀杏の大木は見事なんだ、毎年撮ろう撮ろうと思いつつ出遅れてしまう、下には真っ黄色に広がっていた。
   このカットを最後に今年の紅葉は終わりにしようと思った。

by u-Brigand | 2016-12-06 06:51 | 写真 | Comments(2)

出町柳で鯖ずし


鯖ずし専門店、花折、大きめだからお腹がいっぱいになる、糺の森の直ぐ近く、美味しいよっ(笑)
b0368417_19251090.jpg


この辺は福井県小浜市から鯖街道の最終地点、ここは出町柳
b0368417_08064117.jpg

鯖ずしの写真は、
ちょっとピンぼけだけど美味しそうに撮れている、な〜んて勝手に思っていて、これがうめ〜んだ、お土産にも一本買った。
ここから電車で瑠璃光院へ行ける、来年の新緑はそれに乗って帰って来てから鯖ずしでその日の仕上げをしよう、うん・うん、そうしよう。

by u-Brigand | 2016-12-06 06:29 | 温泉・食事・蕎麦 | Comments(4)


b0368417_22321038.jpg
   

b0368417_22321451.jpg


この森を歩くのが好きでよくくるがしょっちゅうなんらかのイベントをやっている、この日はフリーマーケットで、小さいオムライスとコーヒーを、
イギリスのおねぇ〜さんとちょっとおしゃべり、楽しかった〜、けど疲れた。

by u-Brigand | 2016-12-05 06:41 | スナップ | Comments(4)

    黒部の山人から、都の住人に

by いちやど