風の盆回帰

b0368417_07083514.jpg

古里の祭り、おわら風の盆に想う
b0368417_06381749.jpg

今年から5年ぶりに「風の盆」を復活することにした、取り合えず今回は一日のみだが、まずはあの雰囲気に体を馴染ませたい。
行こうと決めたから当時の写真を振り返って見よう、2003年に久しぶりの再会が鮮烈で写真を復活した、山も復活して2004年からおわら通いと
北アルプスへと通い出した。このNikonF5は立山開通に合わせて買って夏山まで散々取り尽くして、9月のおわらで大活躍したものだった。
フィルムはネガでISO1600を使っている、今のデジタルのように鮮明には撮れていないが踊りの臨場感と地方との距離感が見事に表れていると
思う。それに鏡町の公民館は旧館である、場所撮りもイイ位置を確保している、全てに熱意を感じ取れるのだ。過ぎ去った月日は取り戻せない、
せめてあの時の「ときめき」を。


b0368417_07061486.jpg

当初X100Fで対応しようと考えていたが昔の写真を見て当時のNikonF5と同程度の機種で撮ろうと思えばPro2とこのレンズがベストのようだ。
何だか急に俄然とやる気が出てきた、あの時の情熱が日を追うごとに燃え上がっている。酒を飲みながら見ているともうダメだ(^_^)

振り返ってみれば・・・
会社を興して写真など余裕が無くて5年ほどしてたまたま訪れた故郷のまつり「風の盆」、今あるのはあの時の再会が全てなのである。
もう一度あの時の情熱を感じ取れないだろうか、いやっ、きっと出来るはずだ、今年はたったの一晩だが胡弓と三味線のしらべに酔いしれてみ
たい。そして踊り子の菅笠の奥にうっすら見える顔に赤い口紅がしなやかな手と相まって、9/2は俺を夢中にさせるだろう。

# by u-Brigand | 2017-08-19 09:25 | 写真 | Comments(6)