今も師と仰いでいる写真家の本

b0368417_06262875.jpg

     俺が師と仰いでいる山岳写真家はお二人いて、川口邦雄氏、川井靖元氏、である。2008年に出版された本だがかなりボロボロに
     なったので買い換えた。ほとんど中判フィルムでしかもMamiya7‖で撮った写真が多く載っている。俺も同じ機種なのでとても
     分かりやすい。しかしいつも思うのだ、俺にはこんな上手く撮れない、悔しいが足下にも及ばない。流石日本を代表するプロだ。
     時々思うことがある、「あの時、写真家の道を選んでいたら今頃どうしていただろう」、最近になって今の道を選んで良かったと
     思うようになっている。

by u-Brigand | 2018-06-05 06:52 | 小説・雑誌