天狗平2日目(後半)

この写真は室堂行きバスが滝のところで少しだけ停止して説明するが、天狗平に泊まるからこそゆっくり撮れる
b0368417_17553282.jpg


b0368417_17553797.jpg


b0368417_17554090.jpg


b0368417_17554311.jpg
Fuji X-H1

弥陀ヶ原から帰って山荘に入らずそのまま歩いて立山を見上げる位置まで下る。腹が減っていたけど途中で食えばイイや、そこまで思うなんて
この日は写欲満々だったように思う。
長年通い続けてこの位置からのカットは初めてである、天狗平で連泊した時は撮ろうと決めていたのでようやく果たせて満足である。
山荘に帰ってさすがに腹減ったので弁当だけでは足りなくてラーメンも、これも大満足である。昼間に体力を使い果たして早く寝たので夜中に
目覚めて外へ出て見上げた、なんと手が届きそうな満天の星空である、今回はゆっくり見届けようとしばらく見つめていた。写真は撮らなかっ
たけどあの美しい星の感動はいつまでも・いつまでも脳裏に焼き付くだろう。天狗平はやっぱりチングルマと星だよな。

Commented by tozan6411 at 2018-08-25 07:39
u-Brigand様、おはようございます。
ひとえに、立山と言ってもいろんな表情を見せてくれますね。
皆さん、自分だけのとっておきのポイントを捜し歩いて、カメラに納める。至福の時ですね。
四季折々の立山連峰を感じてこられた u-Brigandさんだからこそ感じる風景を楽しませてもらっています。
Commented by u-Brigand at 2018-08-25 07:54
> tozan6411さん
おはようございます。
バスの中から撮ったのはよく出回っていますね、こうやって
ゆっくり構図をとったのは少ないと思いますよ。撮っている
時に何度もバスが止まったり下って行ったり、全員私を見て
いるのです、羨ましい目つきが伝わってきました、そんな時
は優越感を味わえます、言い換えれば「ざま〜みやがれ」(^_^)
Commented by gaku-jin at 2018-08-27 08:17
おはようございます。
いつもの通り一週間はじまりました。
どっしり構えた雄山が見事です。いい角度の顔です。
雲が流れることで、影を落として、それによって尾根の立体感が現れております。
最期の一枚は、夏の果てですね。風泳ぐチングルマが何とも言えない情景です。

やっぱり北アルプスはいいですね、、、草紅葉になって山肌が色づくころに訪れたいですね~
Commented by u-Brigand at 2018-08-27 09:19
> gaku-jinさん
こんにちは!
そうですね、この山から1週間ほど経ちます、ほんと
早く感じます。
ここのページは山らしさがありますね。
最後のチングルマは一番お気に入りです。
確かに草紅葉にもう一度行って新雪も行きたいです、
多分厳しいかと思います。
今年度はまだ2度目なんですが宿泊数は多いです(笑)
Commented by ryo at 2018-08-27 20:52 x
雪に覆われる一面銀世界の山の風景は、静かに力を秘めているように思えるのですが、
夏山はものすごく強いエネルギーが感じられるなあと思いました。
緑と斜面の岩場が織りなす立体感が美しいですね。
なんとなく、上高地から眺めた穂高を思い出しました。

お天気がよくて何よりでした。
深呼吸したくなる風景、そこは山ですね!

Commented by u-Brigand at 2018-08-28 07:50
> ryoさん
おはようございます。
やる気満々の1日でしたね、普段は当初の目的を終えたら途中に
目移りしても行動を起こさないのですが、この日は何を思ったのか
自然に足が向かいました。

「上高地の眺め」そうそうよく似ていると思いますよ、北アルプス
の一部ですしね(^_^)
雨はちょこっとだけ降ったのですが撮影には何ら影響なく予定通り
に全て順調でした、やっぱりそこが夏ですね、冬山だとこうは行き
ません。
by u-Brigand | 2018-08-25 07:07 | 写真 | Comments(6)

      気ままなphoto日記

by いちやど