楽しかった「おわら 風の盆」2018 総括

この坂を上がれば西町の真ん中あたりに出る、鏡町も直ぐ近く、今回は西新町へ直行
b0368417_06460740.jpg

右の女性がちょっとちょん切れてしまった、好きなシーンだけど今回は失敗、来年はしっかりと
b0368417_06461250.jpg

西新町の案山子踊り、やっぱり素晴らしい、踊りから力をもらえるようだ
b0368417_06461648.jpg

この日おわらで初めて連射してみた、多分どれか当たるだろうと無造作に無駄打ちしている、すぐ気づいて元に戻した
b0368417_06462019.jpg

諏訪町が踊っていなかったので西新町へかなりなだれ込んでいた
b0368417_06462353.jpg

おらわ犬、お客さんに愛嬌を振りまいている、女性の観光客らがスマホで撮りまくり
b0368417_06462633.jpg

左端のイケメンの案山子踊りは最高だった、今は歌い手をやっている
b0368417_06463003.jpg

この決め手も好きな一つである、今回は男女混合の決めては撮らなかった、ま・山ほど撮ってきたからイイっか
b0368417_06463384.jpg

      ポーズに入る前の流れる動きを一枚
b0368417_06463630.jpg

「さっ、踊ろっ」2人の無言の会話が聞こえて来る、この子らが踊ってから八尾を後にした。「来年も来るから」俺の気持ちの表れである
b0368417_06463964.jpg
Fuji X-H1&16-55mmF2.8

バスから降りて禅寺橋を渡って最初の坂道を登っていく、この時が一番気持ちが高揚してくる、今年は西新町へ直行しようと決めていた。
通り道に鏡町のおたや階段覗いて見るとまだ始まっていないようだが相変わらずの人気だ、ギッシリと詰まっている。一昔は3泊4日で
行っていたのでとにかく鏡町ばっかりだった。ほんの少しの時間に当時の思いでが一気に込み上げてくる。
途中裏道ばっかり通るからお連れが「よくこんな道を知っているな」感心している。当たり前でしょ地元なんだしここへは高校の時から
来ている、昔は東町で踊っていたんだし、歩きながらそんな大昔にあった出来事がとても懐かしい。

西新町は行って良かったと思っている、おわらを再会して泊まった先は東町で鏡町の生まれだと言っておられたが「天満町・西新町」も
悪くないと思いますよ、当時の天満町の踊り、地方は最高だった。写真にするのには西新町の色彩が見事だった。そんな事もあって毎回
来る度に鏡町と一緒に撮り続けて来た。要はどうだったのかと言えば「昔のまんま」何も変わっていない、こんなに嬉しい事はない。
来年は西新町に張り付いて、帰りに上新町の輪踊りで「お立ち台の男女」を撮ろう、もうイメージが出来上がっている。
今年撮ろうと決めていた「菅笠の顔と赤い口紅」このBlogのアイコンと同じような写真を撮りたかったがライディングに失敗して思った
より撮れていない、要領はつかめたので来年は大丈夫だと思う。最後に、帰り際に思った事「鏡町、下新町」もそろそろ復活しようかな。

〜まとめ写真は10枚、キャプションも多めに書いてみた、今年のおわらはこれにてお終い〜

Commented by gaku-jin at 2018-09-07 09:10
こんにちは。
おわら風の盆のお写真に癒されました。
仕事もちょいと忙しかったのですが。

安否の確認情報は得たのですが、
実家の停電が続いており、まだ直接電話での会話もできていないのです。
Commented by u-Brigand at 2018-09-07 09:18
> gaku-jinさん
こんにちは!

楽しかったおわら写真にしたりながら台風の処理に
奔走しております。
大阪ベイエリア周辺、私の京都右京区、かなりやられて
います、特に大阪がヒドイです。
北海道も凄いことになっていますね、もう災害立国日本
と言われても仕方が無いです。
Commented by tozan6411 at 2018-09-07 11:19
u-Brigand様、こんにちは。
台風災害の復旧、お疲れ様です。

一枚・一枚の作品から、撮影を楽しんでこられたことがよくわかります。
以前撮られた風景と今撮られる風景は、同じ風景でも撮りての気持ちで変わりますね。
見比べてみると、その時の思いが鮮明に思い出されるのではないでしょうか!(^^)!

ニコン・キャノン・フジと次々にミレーレスが発売になりますね。
時代の流れでしょうか?
Commented by u-Brigand at 2018-09-07 11:41
> tozan6411さん
こんにちは!
普段撮る風景写真はトリミングをしないのですが、このおわらは
トリミングを前提に撮ります、全てはしませんが今回は何枚もし
ています。ポジションが全てですからそうなってしまうのです。
この夜の撮影をしてて思ったのはやっぱりフルサイズですね。
2012年頃のD4と比べたらかなり解像感が落ちます、APS-C
ではイイカメラですがこれが限界なんでしょうね、つくづくと
感じています。D750でもイイかなって思ったりしています。
D700のおわら写真もかなりイイのがありますから。

そうは申しましても楽しかったのは言うまでもありません(笑)
Commented by dendoroubik at 2018-09-07 13:12
見はじめて13年にすぎませんが
見るべきものは見たという気に一切ならないのがこの行事ですね
今年も驚きの連続でした
それぞれの町に個々の伝統があり
それだけでなく新しい工夫も凝らされて倦むところがありません
伝統行事とイベントのちがいだと思います

おわらは狭義の祭りではありませんが 自分の考える「良い祭り」の最右翼です
1.伝統があるだけでなく これに基づいた発展のあること
2.老若男女が挙って参加すること
3.町衆がその祭りを好きで好きでたまらないこと

いちやどさんの10枚のまとめ写真とキャプション グッときました
Commented by u-Brigand at 2018-09-07 16:32
> dendoroubikさん
こんにちは!
13年と言えばおわら人気絶頂の頃ですから、あの混雑時代から
通っておられるのならほとんど把握しているでしょうね。私らの
若い頃はおわらと言ってもせいぜい数万人来たら多いと思ってい
たくらいですから(笑)
おっしゃる通りこの町の人々はおわらに対する思いは半端じゃあ
りませんね、それはよく理解しているつもりです。
時代とともに少しずつですが変化しているのも事実ですね。
京都で言えば祇園祭りと同じです、東山の連中ときたらひと月も
仕事もせずにあんなデカイ大八車に没頭していますから(笑)

貴重なご意見ありがとうございます、町衆は喜びます。
Commented by hitatinotono at 2018-09-07 19:11
え~まだまだ観たい(^^
Commented by u-Brigand at 2018-09-07 19:34
> hitatinotonoさん
こんばんは!
次は私がいっぱい見させていただきますから、
楽しみにしていますよ(^_^)
Commented by ryo at 2018-09-07 21:19 x
今年のおわら風の盆シリーズも見応えありました!!
こうして、プレおわら的な、周辺の情緒や可愛いワンちゃんや出番待ちの場面など拝見でき、
よりリアルな文化として伝わったように思えます。

町ごとの特徴があるんだなあ・・・・

通りで椅子に腰かけて見物するんだあ・・・

おわら節のお人形が売られているんだなあ・・・

ちょっと年齢を重ねると、踊り手から歌い手に昇格?するんだなあ・・・・
色々理解できて楽しかったです!
下から二番目の動きの感じられるお写真、とっても好きです。

富山の方にとって、おわら風の盆は故郷の誇りでしょうね(^^)

札幌の義姉にやっと連絡つき、どうってことないよ!と言ってたので、ホッとしたところです。
Commented by u-Brigand at 2018-09-08 07:56
> ryoさん
おはようございます。
おわらから帰ってちょうど一週間、もう遠い昔の
ような感覚です。
この祭りだけ特にこの感覚が強いです。華やかさ
雅さ、そしてあのメロディー、心の奥に染みこんで
残っているのです。
と言いますのは、3日間とも朝6時に終わるのですが
7時にはゴミ一つありません、4日目の朝なんか昨夜
何があったのかも分からないくらい普段の生活です。
この変わり身にはま〜ビックリしますよ。八尾の町とは
そう言う所で、あの3日間にだけ一年間が集約されて
いるようです、凄いとしか言いようがありません。
ですから頭の中に尚更のこと強烈に残ります。ダラダラ
書いて巧く説明出来ませんがそんな感じかな(^_^)

北海道の方、ほんとに安心しましたね。私はニセコの
方に連絡がつきません、大丈夫だと思いますが。
by u-Brigand | 2018-09-07 08:08 | 写真 | Comments(10)

      気ままなphoto日記

by いちやど