カテゴリ:写真( 233 )

京の川床

b0368417_11132573.jpg
Fuji X-H1

この時期と言えば「俺の場合は川床でハモと素麺だな」、川向こうの店に集まって納涼会をした、この暑さにもみんな元気で何よりだった。

by u-Brigand | 2018-07-20 11:19 | 写真 | Comments(3)

b0368417_17062377.jpg

同じ場所で昼と夜とでこんな写真が撮れるのだ、ここが天狗平の魅力だろう、夕方には弥陀ヶ原の雲海も見事だし。
b0368417_10015871.jpg
今回はカメラの性能が格段に違うので条件さえ整えば劇的な天の川を撮れるのだが

      Fuji X-H1で夏山を撮ろうと張り切っていたのに、水害で身動きが取れない、仕事とは言えいつもこうだ、全く。
      台風が来たとき「雨はマズイな」、的中してしまった、自然に文句言ってもしようが無いが当たる所がない、昼間は
      剱岳を眺望しながら「チングルマの群生」、夜は同じ場所で「天の川」、今年はこの写真より上手く撮る自身がある、
      今回も連泊するから必ず撮れると思っていた、あっという間に夢物語に終わってしまいそうだ。

by u-Brigand | 2018-07-17 17:01 | 写真 | Comments(8)

Fuji X-H1 初撮り

中途半端な夕日だから綺麗に染まりきれない海面、これを写真にするのには難しい。
b0368417_08275473.jpg

天気予報の星が見える指数は80㌫だから行ったのに、9時頃まで待ってもほとんど見えない、指数は夜中っちゅうことか(^_^)
b0368417_08413341.jpg
Fuji X-H1

コンディションは今一だけどFuji X-H1の初撮りをやった、前日に行ったがガスがかかっていて中止して再度の挑戦、ま・思う写真にはならな
かったけど、このカメラとは新しいお付き合いが始まるので、取りあえずは第一歩から。

by u-Brigand | 2018-07-16 09:08 | 写真 | Comments(6)

木 陰

b0368417_13394217.jpg
Fuji X-T2

日差しと木陰とではかなりの温度差があるようだ、炎天下で歩いているとクラッとする時がある、このおねぇちゃんはけっこう涼しそう。

話は変わって・・・
サッカーは負けてしまったし、見るものが無くなった、またビデオでも借りて来るか。

by u-Brigand | 2018-07-03 13:50 | 写真 | Comments(10)

黒谷和紙

b0368417_18382698.jpg
Fuji X-T2

   京都府、綾部市黒谷、ここに800年の伝統を守っている和紙工房がある。先週に訪れて撮影許可をいただきジックリ撮らせて
   いただいた。
   緊張感があって真剣な眼差しに引き込まれる、素晴らしい経験をさせていただきありがとうございます。

by u-Brigand | 2018-06-28 18:47 | 写真

新緑美しい「天滝」

b0368417_20034755.jpg

これを見ながらの昼飯は最高である、缶ビール一本もあればもっと素晴らしいのだが、一応山だら 止めとこう(笑)
b0368417_20035124.jpg


b0368417_12501394.jpg
Fuji X-T2

   前日は小雨の中の紫陽花、翌日は朝から天気も良さそうだ、「そうだ滝にいこう」、思い立ったら吉日 即実行だ。
   この滝は登山道を上らなきゃ撮れないが、かなり汗ばんで頑張った。コンビニで買った「おにぎり」が美味かった。

by u-Brigand | 2018-06-25 08:26 | 写真 | Comments(12)

小雨の日に

b0368417_15105498.jpg


b0368417_14560237.jpg


b0368417_14560560.jpg
Fuji X-T2

季節の花、俺も一度は撮っておこうか、花は苦手だけど撮らなきゃもっと下手になる(^_^)

by u-Brigand | 2018-06-23 15:00 | 写真 | Comments(4)

立山、称名滝

b0368417_17222215.jpg
Fuji X-E3

   4年ぶりの再会だった、相変わらず凄い滝である。この位置だと飛沫が凄くてゆっくり構えて撮れないので、風が少しだけ緩くなる
   瞬間を狙って振り向いて撮る、いつもの撮り方だけどこれがまた楽しい。

   駐車場まで帰ってきて「レストラン称名」で昼食、黒薙温泉からここへ来て今回の旅はこれで終わった。実はまだ予定していた入善
   の「沢スギ」、定番の「たら汁」、8月に夏山を計画しているのでその時の楽しみとしよう。

by u-Brigand | 2018-06-21 06:34 | 写真 | Comments(8)

今は雪解けが進んで岩肌がかなり露出しているだろう
b0368417_17464611.jpg
Fuji X-T2(午後6:50分)この後真っ赤に焼けた、久しぶりに見る立山のアーベントロートは美しかった(写真は4月にアップ済)

立山全体に雪崩がおきている写真なんて滅多に撮れないのだ、こんなのを見ると2013.11.23の雪崩で7人が亡くなったのを思いだす。
偶々俺もあそこにいた、ターミナルが大騒ぎになっている。雪崩が流れている前にも尾根があってそこにも何人かいて彼らも飲み込まれるか
と思ったが運良く止まって彼らは命拾いした。
この雪崩は夜に数十㎝積もって翌日は朝から快晴で、午後から危険を予想していたがおきたのは夕方でスキー・登山者がいなかったのが幸い
したと思う。写真では危険な流れが11ヶ所もあってどれかに人がいたら何人が死んでいたかもしれない。
話は変わって、昨日netを見ていたら美女平で地元の写真家がクマに襲われて重傷のようだ、この夏に計画していたのに中止せざるをえなくなった。

何で今更こんなこと書くのか、「ちょっと元気になったからって気を緩めたらアカン」、山が俺を戒めてくれているようだ。

by u-Brigand | 2018-06-07 07:44 | 写真 | Comments(12)

立山の山域では一番の雪山美人である
b0368417_10142141.jpg
Fuji X-T2

今年は雪解けが早いように感じているがどんな進み具合だろうか。この夏は是非にと計画していて、朝から雷鳥谷に向かいそこから立山三山、
次に室堂新道あたりでチングルマの群生と立山三山、夕方までに天狗平に向かい、弥陀ヶ原の雲海、翌朝は夜明けのチングルマと剱岳撮影し、
弥陀ヶ原まで下りて立山カルデラとワタスゲと立山三山、これだけ撮れれば充分だろう、2泊3日の単独山の旅。大汝山も気になっていて宿泊
を確認はしていないが、あそこからの朝夕も素晴らしいだろうな〜、この夏で二つは厳しい、大汝山方面は来年になるかもしれない。

直近の立山写真は雪山しか持っていない、早く緑の山写真も欲しいものだ

by u-Brigand | 2018-06-06 07:21 | 写真 | Comments(8)