b0368417_18044970.jpg

フィルムファンにとってはこんな嬉しい事はない、長年愛用したコダックがリバーサルフィルムを復活した。
今の若い人は全く知らないだろうが山岳写真のカメラと言えばMamiyaと言われるくらい定番のメーカーなのである。そのMamiyaの推奨する
フィルムはコダックだった。でも今はphaseOneに身売りしてしまい跡形も残っていない。デジタルに移行せざるをえなかったのはこれが原因
だったのだ、それがどうだろう、リバーサルを復活するとなれば話しが別だよ。NikonF6はまだまだ元気だ、Mamiya7‖はヨボヨボになって
いるがまだ働いてくれると思う。 何だか当時のギラギラ感が戻ってきそうだ・・・そうは言っても先走りしないよう年相応に楽しもう(^_^)

by u-Brigand | 2018-12-12 08:02 | スナップ | Comments(4)

今年も陶芸家の作品展へ

      案内はがきが届いていて今日が最終日、ようやく行けた、夫婦でお迎えしてくれ相変わらず爽やかな笑顔だった。

b0368417_13293197.jpg

      毎年この作家の作品展に行っている、今年はお茶碗が割れてお客さん用を使っていたので家族三人分を買って来た。
      一個3000円するけどシンブルなデザインでいちやど村のご飯が美味しい食べられること間違いなし。

      今回の目的はお茶碗は勿論だが、俺の所属する団体に陶芸に関する講師をお願いするもの目的で、とんとん拍子に
      話しが進んで快諾いただいたのでとても嬉しく思っている。

by u-Brigand | 2018-12-09 13:45 | スナップ | Comments(5)

京都から近鉄特急で伊勢市で降りて直ぐ食堂へ、「伊勢うどん」を初めて食った、これが美味いんだ、エビ天も最高
b0368417_04370426.jpg

外宮入り口でゆっくり一行一行かみしめて読み上げる、ふ〜ん そうなんだ
b0368417_04370797.jpg

鳥居に光がさして、何となく神々らしく感じられ緊張しながら拝殿へ
b0368417_04371164.jpg

内宮の入り口、こちらも何度も読み返す、なるほど〜そうなのか
b0368417_04371519.jpg

この鳥居が神域への入り口、直ぐ橋があって奥へ入っていく
b0368417_04371812.jpg

      まずは清めから
b0368417_04372120.jpg

この川も有名だ、写真では何度も見て来た、さっき清めたからここではパス
b0368417_08110872.jpg


鳥居をくぐって直ぐに風が吹く、思わず「神風」だと心に叫んだ、拝殿前の白い布が揺れて奥が見える、ちょっとだけ神様にお会いしたよう
な気持ちになって晴れ晴れとした
b0368417_04372857.jpg

      ご神木なのか、ここでは一番の大木らしい
b0368417_04373134.jpg

行きはこの橋を渡って奥へ入っていった、パンプレットの表紙がこの橋だ、橋の途中で下を見たら何人も写真を撮っている、俺もと言う事で
引き返してお仲間入り
b0368417_04373547.jpg

宿の夕食はエビづくし、エビだけでこれだけ並ぶ、他にもいっぱいあったが頑張った、食い過ぎだよ(^_^)
b0368417_04374011.jpg

旅に出るといつもよりお酒が入るので直ぐ寝てしまう、だから夜中に何度も起きて水飲んでまた布団へ、ようやく朝が来た
朝食はバイキングだったが、宿泊者がこんなにもいたのかとビックリした、そうか俺たちは部屋食にしたから分からなかったのか
b0368417_04374327.jpg

わらら夫婦のお伊勢参りは初めてだった、周りの人らはみな行っていて「えっまだなの」な〜んて小馬鹿にされたが、これで伊勢参りの話しの
中に入れるだろう(^_^)

江戸時代からお伊勢参りは大きな旅だから泊まりが一般的と思い込んでいたが、メインは内宮だから京都から日帰りができる、よくよく考えて
みればそうなんだ、次はそうしようと思う費用もかなり安くてすむし。

by u-Brigand | 2018-11-13 05:39 | スナップ | Comments(10)

      気ままなphoto日記

by いちやど